八巣謝徳(読み)はっそう しゃとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八巣謝徳 はっそう-しゃとく

?-1888 幕末-明治時代の俳人。
江戸の人。桜井蕉雨(しょうう)(八巣蕉雨),八巣謝堂にまなぶ。編著に「俳諧(はいかい)百人集」「俳家画像人名録」「謝堂社中二百人集」など。句集に「白雪集」。明治21年5月6日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android