桜井蕉雨(読み)さくらい しょうう

美術人名辞典の解説

桜井蕉雨

徳川中期の俳人。安永4年信州飯田に生まる。幼名鉄之助、享和2年家督を相続し三郎右衛門光喜と称した。家は大阪屋と号し酒造及び呉服商を営み、住宅は邸内能舞台などを持つ屈指の素封家であった。俳諧は十八才より、二一才の寛政8年には句集『松の炭』を梓行した。文化11年には向島に居住し、江戸蕉雨と肩書きし中央俳壇に雄飛した。後家を嗣子財十郎光廓に譲り剃髪し、専ら風月を友として悠々自適の生活を送る。文政12年(1829)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井蕉雨 さくらい-しょうう

1775-1829 江戸時代後期の商人,俳人。
安永4年5月25日生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯田の豪商で大板屋と号した。井上士朗にまなび,寛政8年編著「松の炭」を刊行。文化11年御家人株をかって幕府につかえるが,のち致仕。俳諧(はいかい)宗匠となった。文政12年5月7日死去。55歳。名は光喜。通称は杢之進,三郎左衛門。別号に八巣,小麓庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android