八幡平道路(読み)はちまんたいどうろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡平道路
はちまんたいどうろ

岩手県八幡平市から八幡平を経て秋田県鹿角市トロコ温泉にいたる道路。全長 26.8km。八幡平アスピーテラインと呼ばれる。岩手県と秋田県の両県営の有料道路として 1970年開通。 1992年無料化された。沿道には温泉が多く,亜寒帯性の湿生植物高山植物の景観が優れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android