コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八掛 ハッカケ

デジタル大辞泉の解説

はっ‐かけ【八掛】

袷(あわせ)長着の裏裾に用いる布。前後身頃(みごろ)の裾に4布、(おくみ)に2布、襟先に2布、合わせて8枚あるのでいう。裾取り裾回し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっかけ【八掛】

すそ回し 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八掛の言及

【あわせ(袷)】より

…日本の衣服特有の仕立て方で長着,羽織,長じゅばん,帯,コートなどがある。女物あわせ長着には胴裏と八掛(はつかけ)(裾回し),男物,子ども物には通裏(とおしうら)をつける。表地とのつり合いがたいせつで男女とも礼装のものは同じ表地を裾裏にも使う共八掛,共裏がきまり。…

※「八掛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八掛の関連キーワードあわせ(袷)青蓮崗遺跡はきかけぶらくる色無地反物留袖

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八掛の関連情報