八掛(読み)はっかけ

精選版 日本国語大辞典「八掛」の解説

はっ‐かけ【八掛】

〘名〙 女の袷(あわせ)綿入れの着物の(すそ)の裏につける。すそまわし。身ごろの裾に四布、衽(おくみ)に二布、えり先に二布、合わせて八つに裁って用いるところからいう。もと上方語で、江戸では吉原だけの言い方であった。はきかけ。
※浄瑠璃・の白しぼり(1710頃)上「うら珍しき中紅絹(なかもみ)の八掛(ハッカケ)買うて」

はき‐かけ【八掛】

〘名〙 「はっかけ(八掛)」の変化した語。
※浮世草子・世間母親容気(1752)二「当世小袖はきかけは黒繻子にてかくし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「八掛」の解説

はっ‐かけ【八掛】

あわせ長着の裏裾に用いる布。前後身頃みごろの裾に4布、おくみに2布、襟先に2布、合わせて8枚あるのでいう。裾取り裾回し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八掛の言及

【あわせ(袷)】より

…日本の衣服特有の仕立て方で長着,羽織,長じゅばん,帯,コートなどがある。女物あわせ長着には胴裏と八掛(はつかけ)(裾回し),男物,子ども物には通裏(とおしうら)をつける。表地とのつり合いがたいせつで男女とも礼装のものは同じ表地を裾裏にも使う共八掛,共裏がきまり。…

※「八掛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android