コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋瑞笑 はちもんじや ずいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八文字屋瑞笑 はちもんじや-ずいしょう

1727-1767* 江戸時代中期の版元,浮世草子作者。
享保(きょうほう)12年生まれ。初代八文字屋自笑の孫。家業の浄瑠璃(じょうるり)本屋をつぎ,浮世草子や演劇関係書を出版。執筆もした。明和3年12月19日死去。40歳。姓は安藤。通称は八左衛門。別号に2代八文字屋自笑,李秀,白露。作品に「世間長者容気(かたぎ)」「花色紙襲詞(はなしきしかさねことば)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の八文字屋瑞笑の言及

【古今役者大全】より

…中心となった作者は多田南嶺。撰者として八文字屋其笑,八文字屋瑞笑の名が記される。1750年(寛延3)刊,6巻6冊。…

※「八文字屋瑞笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八文字屋瑞笑の関連キーワード八文字屋自笑(2代)八文字屋自笑(3代)古今役者大全八文字屋其笑

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android