コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋瑞笑 はちもんじや ずいしょう

1件 の用語解説(八文字屋瑞笑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八文字屋瑞笑 はちもんじや-ずいしょう

1727-1767* 江戸時代中期の版元,浮世草子作者。
享保(きょうほう)12年生まれ。初代八文字屋自笑の孫。家業の浄瑠璃(じょうるり)本屋をつぎ,浮世草子や演劇関係書を出版。執筆もした。明和3年12月19日死去。40歳。姓は安藤。通称は八左衛門。別号に2代八文字屋自笑,李秀,白露。作品に「世間長者容気(かたぎ)」「花色紙襲詞(はなしきしかさねことば)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の八文字屋瑞笑の言及

【古今役者大全】より

…中心となった作者は多田南嶺。撰者として八文字屋其笑,八文字屋瑞笑の名が記される。1750年(寛延3)刊,6巻6冊。…

※「八文字屋瑞笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八文字屋瑞笑の関連キーワード井筒屋庄兵衛(3代)井筒屋庄兵衛(4代)井筒屋庄兵衛(5代)大畠文治右衛門小川多左衛門釜屋又兵衛菅裏佐野屋喜兵衛西村屋与八(初代)舟木嘉助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone