コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八日目の蝉 ヨウカメノセミ

3件 の用語解説(八日目の蝉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようかめのせみ〔やうかめのせみ〕【八日目の蝉】

角田光代長編小説。不倫相手の子供を誘拐した女の3年半にわたる逃亡生活と、成人後に再会した子供の葛藤を描く。平成19年(2007)刊行。翌年の第5回本屋大賞にて6位入賞。ドラマ化、映画化作品もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

八日目の蝉

2011年公開の日本映画。監督:成島出、原作:角田光代による同名小説、脚本:奥寺佐渡子、音楽:安川午朗、撮影:藤澤順一、照明:金沢正夫、録音:藤本賢一、編集:三條知生。出演:井上真央永作博美小池栄子劇団ひとり余貴美子、田中泯ほか。不倫相手の子供を誘拐した女性と、成長した子供の葛藤を描く。第36回報知映画賞作品賞受賞。第35回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞、最優秀主演女優賞(井上真央)、最優秀助演女優賞(永作博美)受賞。第85回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞(小池栄子)ほか多数受賞。

八日目の蝉

日本のテレビドラマ。放映はNHK(2010年3月~5月)。全6回。原作:角田光代による同名小説。脚本:浅野妙子。音楽:渡辺俊幸。出演:檀れい、北乃きい、岸谷五朗ほか。第27回ATP賞テレビグランプリ2010のグランプリ受賞作品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八日目の蝉の関連キーワード首の座OUT119孤高のメスシャブ極道白い手スパイ・ゾルゲフライ, ダディ, フライミッドナイトイーグル笑う蛙

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八日目の蝉の関連情報