コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本屋大賞 ほんやたいしょう

3件 の用語解説(本屋大賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

本屋大賞

正式名称は「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本 本屋大賞」。過去1年間に刊行された日本の小説の中から書店員が投票で選ぶ。出版市場が縮小傾向にある中、本と読者に最も近い書店員がお勧めの書籍の情報を発信して売り場からベストセラーを作ろうと、2004年にスタート。これまでの受賞作品には、小川洋子博士の愛した数式』(新潮社、04年)、リリー・フランキー東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(扶桑社、06年)、伊坂幸太郎ゴールデンスランバー』(新潮社、08年)、湊かなえ『告白』(双葉社、09年)などがあり、受賞後に増刷や映画・ドラマ化された作品も多い。
選考は2段階の投票で行う。投票資格を持つのは、新刊を扱う書店の書店員で、1000人以上が登録している。1次投票は、対象作品の中から「面白い」「薦めたい」「売りたい」と思った本を1人3作品選んで投票し、上位10作品を決める。その全作品を読んだ上で推薦理由を添えて2次投票を行い、大賞を選ぶ。2010年本屋大賞は、08年12月1日から09年11月30日の間に刊行された作品が対象。385人の投票により、ノミネート10作品が10年1月に発表された。大賞作品は4月に発表される。
運営は、書店員有志で組織するNPO法人本屋大賞実行委員会。本屋大賞の他に、ジャンルを問わず過去1年以上前に刊行された作品を対象とする「発掘部門」や特別企画の賞も設けており、本屋大賞と同時に発表する。

(原田英美  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんや‐たいしょう〔‐タイシヤウ〕【本屋大賞】

新刊書を扱う全国の書店員が、もっとも客に薦めたいと思う小説を投票で選ぶ文学賞。投票資格をもつのは、アルバイトを含む現役の書店員のみ。第1回は平成16年(2004)。
[補説]受賞作一覧
平成16年(2004)「博士の愛した数式」小川洋子
平成17年(2005)「夜のピクニック」恩田陸
平成18年(2006)「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー
平成19年(2007)「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
平成20年(2008)「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎
平成21年(2009)「告白」湊かなえ
平成22年(2010)「天地明察」冲方丁(うぶかたとう)
平成23年(2011)「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉(とくや)
平成24年(2012)「舟を編む」三浦しをん
平成25年(2013)「海賊とよばれた男」百田(ひゃくた)尚樹
平成26年(2014)「村上海賊の娘」和田竜(りょう)
平成27年(2015)「鹿の王」上橋菜穂子
平成28年(2016)「羊と鋼の森宮下奈都(なつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本屋大賞
ほんやたいしょう

毎年1回、新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の店員(パート、アルバイトを含む)が、おもしろかった本、客に推薦したい本、自分の店で売りたい本を投票して決める賞。本屋大賞部門、翻訳小説部門、発掘部門がある。毎年、投票を11月(第1回、第2回は10月)から受け付け、翌年4月に集計し、受賞作を発表する。本屋大賞は日本の小説が対象で、上位10作品を選び、順位とともに発表する。翻訳小説部門は翻訳された海外の小説から上位3作品が発表される。これら2部門の作品は過去1年間に刊行されたものに限られる。また、発掘部門は、刊行時期の新旧を問わず時代を超えて残る本やなんども読み返したくなる本として、書店員が推薦(一人1作品)した作品を一覧にして発表している。
 出版市場の縮小が懸念されるなか、2004年(平成16)4月に第1回の本屋大賞が発表された。主催は書店員の有志からなる本屋大賞実行委員会で、出版業界を現場から盛り上げることを目的として設けられた賞である。初回以降、大賞を受賞した作品は増刷を重ねるロングセラーとなっている。読者として、また、同時に書店員としての立場からという新たな視点による選択は着実な販売実績につながっている。同実行委員会は、本屋大賞の継続的開催を確実なものにするため、また、書店員から提案される読書推進活動などを活発化させるために、2005年に特定非営利活動法人としての認可を受けた。[編集部]

資料 本屋大賞受賞作


第1回(2004年)
 『博士の愛した数式』小川洋子
第2回(2005年)
 『夜のピクニック』恩田陸
第3回(2006年)
 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー
第4回(2007年)
 『一瞬の風になれ』佐藤多佳子
第5回(2008年)
 『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎
第6回(2009年)
 『告白』湊かなえ
第7回(2010年)
 『天地明察』冲方丁
第8回(2011年)
 『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉
第9回(2012年)
 『舟を編む』三浦しをん
第10回(2013年)
 『海賊とよばれた男』百田尚樹
第11回(2014年)
 『村上海賊の娘』和田竜
第12回(2015年)
 『鹿の王』上橋菜穂子
第13回(2016年)
 『羊と鋼の森』宮下奈都

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本屋大賞の関連キーワード乙嫁語り一番駆け大一番最長アッちゃんがいちばん!いちばん美しいクモの巣いちばん桜いちばん初めにあった海コロコロイチバン一番町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本屋大賞の関連情報