八民平七(読み)やたみ へいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八民平七 やたみ-へいしち

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂の人。竹田千前軒の門弟とされ,明和-安永(1764-81)のころ竹本座に作品をかく。「廓色上(さとのいろあげ)」などの単独作品のほか,近松半二らとの合作がある。世話物にすぐれた。前名は竹田平七,筑田平七

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八民平七の言及

【関取千両幟】より

…9段。近松半二三好松洛,竹田文吉,竹田小出雲,八民平七,竹本三郎兵衛合作。1767年(明和4)8月大坂竹本座初演。…

※「八民平七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android