コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八民平七 やたみ へいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八民平七 やたみ-へいしち

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂の人。竹田千前軒の門弟とされ,明和-安永(1764-81)のころ竹本座に作品をかく。「廓色上(さとのいろあげ)」などの単独作品のほか,近松半二らとの合作がある。世話物にすぐれた。前名は竹田平七,筑田平七

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の八民平七の言及

【関取千両幟】より

…9段。近松半二三好松洛,竹田文吉,竹田小出雲,八民平七,竹本三郎兵衛合作。1767年(明和4)8月大坂竹本座初演。…

※「八民平七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八民平七の関連キーワード近江源氏先陣館小稲半兵衛物関取千両幟艶容女舞衣浄瑠璃三勝物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android