八郎潟調整池(読み)はちろうがたちょうせいち

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕八郎潟調整池(はちろうがたちょうせいち)


秋田県北西部、男鹿(おが)半島基部にある潟湖(せきこ)。八郎潟は干拓により約80%が陸地化し、その南部に湖として残されたもの。面積27.7km2。秋田湾に通じる船越(ふなこし)水道に防潮水門が設けられ湖水は淡水化した。干拓地の東西に残された承水路(しょうすいろ)の水は農業用水として利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android