コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八郎潟調整池 はちろうがたちょうせいち

1件 の用語解説(八郎潟調整池の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕八郎潟調整池(はちろうがたちょうせいち)


秋田県北西部、男鹿(おが)半島基部にある潟湖(せきこ)。八郎潟は干拓により約80%が陸地化し、その南部に湖として残されたもの。面積27.7km2。秋田湾に通じる船越(ふなこし)水道に防潮水門が設けられ湖水は淡水化した。干拓地の東西に残された承水路(しょうすいろ)の水は農業用水として利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八郎潟調整池の関連キーワード男鹿市男鹿国定公園男鹿半島男鹿戸賀湾おおがた男鹿水族館GAO男鹿[市]名護[市]若美[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone