コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共事業の前倒し こうきょうじぎょうのまえだおし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公共事業の前倒し
こうきょうじぎょうのまえだおし

道路建設など公共事業契約の上半期分をふやし,その実施を早めて景気浮揚のきっかけにしようとするもの。が行う景気対策のうちで即効性が高いことからよく用いられる方法。決定は国が行うものの,実施の主体となるのはほとんどの場合地方公共団体となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android