景気対策(読み)けいきたいさく(英語表記)counter-cyclical policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

景気対策
けいきたいさく
counter-cyclical policy

景気変動に伴って生じるインフレデフレ,あるいは国際収支の不均衡といった国民経済の対内的,対外的不均衡の回復をはかるための政策。具体的には,不況のときの赤字財政公定歩合預金準備率引下げ,公開市場における債券買入れなどの金融緩和政策,にわか景気のときの黒字財政や各種の金融引締政策など,財政,金融政策を中心としたさまざまな政策措置をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

景気対策

「財政措置を伴う景気刺激策」のこと。景気が悪いときに政府が支出を増やすことで、需要雇用を作り出す。公共事業が代表的。補正予算を組んだり予備費を使ったりする。国費のほかに、地方自治体や企業にも負担をお願いしたり、政府系金融機関などからの貸し出しを増やしたりして、事業規模を積み上げる。お金のかからない規制緩和などを伴うことも多い。

(2012-11-29 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景気対策の関連情報