コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共利益団体 こうきょうりえきだんたいpublic interest group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公共利益団体
こうきょうりえきだんたい
public interest group

その団体のリーダーやメンバーだけが利益を得るのではなく,公の利益を追求する団体。 1960年代後半から 70年代にかけてアメリカで多く誕生。消費者問題や環境問題をはじめ広範な人々に共有される関心や利益をめぐってさまざまな市民団体が活動し,政府や議会に対して活発なロビイングを展開する。同国では多くの市民運動グループがこう総称される。 65年に自動車産業告発の書で一躍有名になった消費者運動家ラルフ・ネーダーが率いる一群の組織はその代表例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公共利益団体の関連キーワードコモン・コーズ圧力団体

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android