コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公募株 こうぼかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公募株

証券取引市場だけでなく、広く一般に買い付けの募集がなされる株式のこと。上場済みの企業が、資金を調達するために新株を公募する「増資」と、個人が自らの保有する株を公募で放出する「売出」の2つがある。株式を発行する側は、公募することで、大規模に株を発行できるメリットがある。一方、投資家にもメリットが2つある。証券取引市場で公募をする株式を購入するのに比べ、割引された価格で販売される。また、株式を購入する際に手数料を証券会社に払わなくてもよい。一般的に、公募株、特に「増資」が発行された場合、需給のバランスが崩れ、株価が一時的に下がる傾向があるため、既存株主と新規株主の利害調整が重要とされる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

公募株の関連キーワード金融所得一体課税NISA

公募株の関連情報