コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公募株 こうぼかぶ

1件 の用語解説(公募株の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公募株

証券取引市場だけでなく、広く一般に買い付けの募集がなされる株式のこと。上場済みの企業が、資金を調達するために新株を公募する「増資」と、個人が自らの保有する株を公募で放出する「売出」の2つがある。株式を発行する側は、公募することで、大規模に株を発行できるメリットがある。一方、投資家にもメリットが2つある。証券取引市場で公募をする株式を購入するのに比べ、割引された価格で販売される。また、株式を購入する際に手数料証券会社に払わなくてもよい。一般的に、公募株、特に「増資」が発行された場合、需給のバランスが崩れ、株価が一時的に下がる傾向があるため、既存株主と新規株主の利害調整が重要とされる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公募株の関連キーワード市場店頭市場気配値ジョバー東京エイム東京証券取引所(東証)市場(しじょう)株式公開買い付け(TOB)村上被告の起訴事実三市場

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公募株の関連情報