コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売(り)出(し) ウリダシ

デジタル大辞泉の解説

うり‐だし【売(り)出(し)】

売りはじめること。
新しい商品などを市場に出すこと。「新製品の売り出し
一定の期間に限って、商品を特別に安く、または景品をつけて売ること。「歳末の売り出し
知名度が高まっていくこと。また、その人。「最近売り出し中の歌手」
売って得た金。
「年を重ねしうちに、―も残らぬ程になって」〈浮・織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

売(り)出(し)の関連キーワードスイゼンジノリ(水前寺海苔)アフロディテ[クニドス]グリーンシューオプションオーバーアロットメントウェーバーとフィールズキャンパス・レコード気泡コンクリート製品ミシシッピ泡沫事件松林伯円(2世)バンティング療法契約型投資信託オリジナル商品偽計業務妨害罪有価証券通知書有価証券届出書募集・売出し公開市場操作イーストマン国際投資信託御木本幸吉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android