コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害防止管理者 こうがいぼうしかんりしゃ

3件 の用語解説(公害防止管理者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公害防止管理者
こうがいぼうしかんりしゃ

特定工場における公害防止組織の整備に関する法律 (昭和 46年法律 107号) に基づいておかれる公害防止の責任者。資格は,国家試験合格者,その他政令で定める資格を有する者となっており,試験は少くとも年1回,通商産業大臣が行うことになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうがいぼうし‐かんりしゃ〔コウガイバウシクワンリシヤ〕【公害防止管理者】

特定工場における、汚染・騒音・振動などの公害防止に関する技術的事項を管理する者。資格取得には国家試験がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

公害防止管理者

社団法人産業環境管理協会により実施されている国家資格で、「公害防止管理者等国家試験」に合格した有資格者のこと。1971年6月、工場内に公害防止に関係する専門知識を有する人的組織の設置を義務づけた特定工場における公害防止組織の整備に関する法律が制定され、この時、公害防止管理者が誕生した。同管理者の種類は13あり(2012年現在)、大きく「大気関係」「水質関係」「騒音・振動関係」「粉じん関係」「ダイオキシン類関係」「公害防止主任管理者」とに分けられている。業務内容は、原材料などの検査や工場における不具合の改善、排出液や煤煙濃度の測定など、多伎にわたる専門的なものとなっている。資格試験は年に1回、10月の第1日曜日に一括してすべて行われ、合格率は20%程度となっている。

(2012-10-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公害防止管理者の関連キーワード任意団体一般法人公益社団法人一般財団法人一般社団・財団法人法一般社団法人特例民法法人公益社団法人 こども環境学会社団法人と財団法人作業環境測定士

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公害防止管理者の関連情報