公有地信託制度(読み)こうゆうちしんたくせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公有地信託制度
こうゆうちしんたくせいど

公有地を銀行などに信託し,その収益自治体に納める制度。 1986年に地方自治法が改正され,自治体が所有する土地信託銀行に信託できることになった。信託銀行は自治体首長の監査のもと,土地を有効活用し,その収益を配当という形で自治体に還元することになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android