公牘(読み)こうとく(英語表記)gōng dú

世界大百科事典 第2版の解説

こうとく【公牘 gōng dú】

中国,官庁公文書古称。また公文ともいう。その保存文書を檔案(とうあん)という。官庁や役人間の文書送達には,その内容や官庁・職階の上下関係によって用うべき文書の種類と形式が定められていた。下行文書の・札,上行文書の,平行文書の咨など,時代により各種あり,書式や用語法も独特な発達を示した。元代の法律書の《元典章》も公牘から成ったものであり,清代皇帝と官僚との往復文書の宮中檔(硃批諭旨(しゆひゆし))や明・清代の官庁文書は,行政の実態を伝える史料として,近年注目を集めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android