公認記録(読み)こうにんきろく(英語表記)official record

知恵蔵「公認記録」の解説

公認記録

国際陸上競技連盟(IAAF)あるいはそれに加盟している地域や国で、正式に認められた記録。日本記録が出たら、その大会を統括する加盟団体が、必要書類をそろえて日本陸上競技連盟(JAAF)に届け出る。国内の大会で世界記録が出た場合には、日本陸連が公認のための資料をそろえ、国際陸連に確認を求める手続きを取る。世界記録を樹立した選手には、競技終了後ドーピングテストが義務づけられている。公認となる種目は、世界記録が男子46種目、女子44種目、日本記録は男子57種目、女子49種目。短距離や跳躍種目で、記録が公認になるか、ならないかを分けるのが風速追風が秒速2.0mまでなら公認、2.1m以上だったら、好記録が出ても追風参考記録にとどまり公認されない。混成競技だけは4.0mまでが公認の範囲内。

(小森貞子 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android