公達受領(読み)きんだちじゅりょう

精選版 日本国語大辞典「公達受領」の解説

きんだち‐じゅりょう ‥ジュリャウ【公達受領】

〘名〙 公達でありながら地方官である受領となった人。平安時代では、中・下級貴族が地方官となるのがふつうで、公達では珍しかった。
今昔(1120頃か)三〇「品不賤(いやしから)ぬ君達受領(きむだちじゅりゃう)の年若き有けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「公達受領」の解説

きんだち‐ずりょう〔‐ズリヤウ〕【受領】

公達国司に任ぜられた
品不賤いやしからぬ―の、年若きありけり」〈今昔・三〇・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android