コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開かぎ暗号方式 こうかいかぎあんごうほうしき

1件 の用語解説(公開かぎ暗号方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公開かぎ暗号方式

データを暗号化する方式のひとつ。あらかじめ他人に公開しておく公開鍵は、相手が自分宛のデータを暗号化するときに使用する。また、自分で保管しておく復号鍵は、公開鍵で暗号化されたデータを復号するときに使用する。たとえば、AさんがBさんにデータを送信する場合、AさんはBさんが公開している公開鍵でデータを暗号化し、そのデータをBさんに送る。Bさんは送られてきたデータを復号鍵で復号する。復号鍵がないとデータを復号できないため、インターネットのように開かれたネットワークでの利用に適している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公開かぎ暗号方式の関連キーワードIDEAHTTPS可逆圧縮慣用暗号方式公開鍵公開鍵暗号方式PCM符号化ユニキャストパブリック・キー・クリプトグラフィー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone