六十の手習い(読み)ろくじゅうの手てならい

ことわざを知る辞典「六十の手習い」の解説

六十の手習い

六〇歳になってから習字を始めること。また、をとってから初めて物事を習うことのたとえ。

[使用例] 「おや、ご用事の外はめったにお出掛けにならないと思いましたら、お手習いでございますか。」「六十の手習いとはよく言ったものさね」[島崎藤村夜明け前|1932~35]

[解説] 「六十」は、「七十」「八十」ともいい、後に「九十の間に合う」と続けることもありました。

英語〕Never too old to learn.(学ぶのに年の取りすぎはない)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「六十の手習い」の解説

六十ろくじゅう手習てなら

60歳で習字を始めること。年をとってから物事を習うたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例