コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六号室 ろくごうしつPalata No.6

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六号室
ろくごうしつ
Palata No.6

ロシアの作家 A.チェーホフの小説。 1892年刊。 90年のサハリン旅行ののちに書かれた。チェーホフ後期の代表作の一つ。専制政治下にあえぐロシア社会と知識人の運命を暗示する作品として,発表当時大きな反響を巻起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

六号室の関連キーワードチェーホフ(年譜)稲垣 きくのロシア文学岩田素直赤い花

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六号室の関連情報