コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六号室 ろくごうしつ Palata No.6

1件 の用語解説(六号室の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六号室
ろくごうしつ
Palata No.6

ロシアの作家 A.チェーホフの小説。 1892年刊。 90年のサハリン旅行ののちに書かれた。チェーホフ後期の代表作の一つ。専制政治下にあえぐロシア社会と知識人の運命を暗示する作品として,発表当時大きな反響を巻起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六号室の関連キーワードかもめザイツェフ桜の園チェーホフワーニャ伯父さんТаганрогЧеховМелихово私のチェーホフロシアの恋人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六号室の関連情報