コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六字南無右衛門 ろくじ なむえもん

2件 の用語解説(六字南無右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六字南無右衛門 ろくじ-なむえもん

?-? 江戸時代前期の女浄瑠璃(じょうるり)太夫。
寛永(1624-44)のころ京都四条河原浄瑠璃をかたり人気があった。女性の芸能が禁じられたためほろびたが,その系統は南無右衛門節として伝承された。浄瑠璃正本「やしま」(寛永16年刊)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

六字南無右衛門

生年:生没年不詳
江戸前期の女浄瑠璃太夫。河内や山城左内(若狭守吉次)らが活躍したころ,左門,「よしたか」などの女太夫らと共に四条河原で浄瑠璃を語った。「浄瑠璃御前物語」(「十二段草子」)ばかり語るのでは新鮮味がないと,舞の「八島」や「高館」「曾我」などを浄瑠璃節で語り始めたともいう。寛永6(1629)年,女性の芸能者は歌舞伎,浄瑠璃を問わず大舞台に出ることを禁じられたが,同16年に「山城国住人六字南無右衛門」と銘打った,女太夫の正本としては現存唯一の「やしま」を上梓しており,一頭地を抜く存在であった。西鶴は「浄瑠璃やいかなる風の末の段 念願六字南無右衛門とて」と詠み,また「六字南無右衛門節の浄るりを語るも有」と書くなど,南無右衛門節に関心を寄せていた。<参考文献>横山重『古浄瑠璃正本集(1)』解題

(安田富貴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六字南無右衛門の言及

【浄瑠璃】より

…次郎兵衛も上総介(掾)を受領し,寛永(1624‐44)ころ四条河原で操り興行を行った。女太夫も六字南無右衛門(ろくじなむえもん)(語り物に《やしま》)はじめ左門,よしたかなどが活躍する。しかし1629年女太夫は禁止された。…

※「六字南無右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六字南無右衛門の関連キーワード岡本文弥女浄瑠璃浄瑠璃語り浄瑠璃太夫難波浄瑠璃都太夫一中伊勢島宮内(初代)河内掾吉次山城左内若狭守吉次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone