コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方最密格子 ろっぽうさいみつこうしhexagonal closest packing lattice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六方最密格子
ろっぽうさいみつこうし
hexagonal closest packing lattice

結晶の空間格子の1種で,六方晶系に属し,単位胞は正六角形を底面とする直柱体である。軸比が のものは面心立方格子とともに同一の球が最も密に配列した構造で,12個の最近接原子がある。ベリリウム亜鉛などの結晶にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六方最密格子の関連情報