コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方晶系 ろっぽうしょうけいhexagonal system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六方晶系
ろっぽうしょうけい
hexagonal system

結晶系の1つ。結晶軸の1つ ( c 軸) が6回の回転軸または回反軸であり,他の結晶軸は c 軸と垂直な平面内にあり,軸角はα=β=90°,γ=120°である。 c 軸に垂直な面内の ab とともに 120°の角をなす等価な方向を結晶軸として加えて a1a2a3 とし,ミラー指数も同様に定義して,(hkil) または{hkil}と表わすことが多い。ウルツ鉱 (硫化亜鉛) ,石墨,電気石,亜鉛などがこれに属する。 c 軸方向に平行か垂直かによって光の屈折率などの物理的性質が異なる単軸結晶である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろっぽう‐しょうけい〔ロクパウシヤウケイ〕【六方晶系】

結晶系の一。長さの等しい3本の結晶軸が同一平面上で互いに120度の角で交わり、さらにこの三軸と直交する結晶軸をもつもの。形は六角柱が基本で、水晶方解石などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

六方晶系【ろっぽうしょうけい】

軸率1:1:1:cの水平面内の3軸(交角120°)と垂直上下軸の座標系(結晶軸)で記載される一群の結晶。物理的に異方性で,光学的一軸性。形態は六角柱が基本。水晶(石英),緑柱石,方解石がその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ろっぽうしょうけい【六方晶系】

結晶系の一。互いに60度で交わる長さの等しい三本の結晶軸が一平面上にあって、これらの交点で垂直な長さの異なる一本の結晶軸をもつもの。水晶・石墨・緑柱石・霞石・リン灰石などがこれに属する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六方晶系
ろっぽうしょうけい
hexagonal system

結晶系の一つ。空間格子ブラベ格子)は単純格子であり、格子定数にはabcαβ=90゜,γ=120゜の関係がある。主軸であるc軸は6回回転軸あるいは6回回反軸となる。7種の晶族が属し、27種の空間群がある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例