コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方晶系 ろっぽうしょうけい hexagonal system

5件 の用語解説(六方晶系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六方晶系
ろっぽうしょうけい
hexagonal system

結晶系の1つ。結晶軸の1つ ( c 軸) が6回の回転軸または回反軸であり,他の結晶軸は c 軸と垂直な平面内にあり,軸角はα=β=90°,γ=120°である。 c 軸に垂直な面内の ab とともに 120°の角をなす等価な方向を結晶軸として加えて a1a2a3 とし,ミラー指数も同様に定義して,(hkil) または{hkil}と表わすことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろっぽう‐しょうけい〔ロクパウシヤウケイ〕【六方晶系】

結晶系の一。長さの等しい3本の結晶軸が同一平面上で互いに120度の角で交わり、さらにこの三軸と直交する結晶軸をもつもの。形は六角柱が基本で、水晶・方解石などにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

六方晶系【ろっぽうしょうけい】

軸率1:1:1:cの水平面内の3軸(交角120°)と垂直上下軸の座標系(結晶軸)で記載される一群の結晶。物理的に異方性で,光学的一軸性。形態は六角柱が基本。水晶(石英),緑柱石,方解石がその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ろっぽうしょうけい【六方晶系】

結晶系の一。互いに60度で交わる長さの等しい三本の結晶軸が一平面上にあって、これらの交点で垂直な長さの異なる一本の結晶軸をもつもの。水晶・石墨・緑柱石・霞石・リン灰石などがこれに属する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六方晶系
ろっぽうしょうけい
hexagonal system

結晶系の一つ。空間格子ブラベ格子)は単純格子であり、格子定数にはabcαβ=90゜,γ=120゜の関係がある。主軸であるc軸は6回回転軸あるいは6回回反軸となる。7種の晶族が属し、27種の空間群がある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六方晶系の関連キーワード結晶系三斜晶系三方晶系斜方晶系正方晶系双軸結晶多結晶単軸結晶等軸晶系等軸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone