コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六日限 ムイカギリ

デジタル大辞泉の解説

むいか‐ぎり【六日限】

江戸と大坂の間を片道6日で走った飛脚の称。六日飛脚。
「無事とある状に落着く―」〈柳多留・七四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むいかぎり【六日限】

早飛脚はやびきやくのこと。大坂・江戸間を片道六日で行ったことからいう。 「 -の大坂状に/浮世草子・好色敗毒散」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

六日限の関連キーワード浮世草子江戸間

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android