コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六本木アートトライアングル ろっぽんぎあーととらいあんぐる

1件 の用語解説(六本木アートトライアングルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

六本木アートトライアングル

東京・六本木に2007年に誕生した国立新美術館サントリー美術館が、既にある森美術館と協力し、3館で新しいアートネットワークを作ろうと名付けた。国立新美術館は、国内5番目の国立美術館として2007年1月、東京・六本木の東大生産技術研究所跡に開館した。作品収集はせず、自主企画展や共催展、美術団体展への会場提供、国内外の美術情報の発信や図録等の収集・公開などを進める。故黒川紀章が建物のデザイン設計をし、展示場面積は合計1万4000平方メートルと日本最大級を誇る。初年度は日展をはじめ約70の美術団体が参加する。サントリー美術館は07年3月、サントリー美術館が防衛庁跡地の再開発地東京ミッドタウンの一角に赤坂から移転。隈研吾が設計し、展示室面積は約1000平方メートル。同じく東京ミッドタウン内に07年3月、デザインを中心とした21_21 DESIGN SIGHT(安藤忠雄設計)も誕生。デザイン文化の発信も期待されている。

(山盛英司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六本木アートトライアングルの関連キーワードサントリー美術館六本木国立美術館東京再開発国立本木にまさる末木なしヒルズ族アークヒルズと六本木ヒルズ合併で誕生した大崎市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone