コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六本木 ろっぽんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六本木
ろっぽんぎ

東京都港区北部の地区。地名の由来は,昔,六本の老松があったことによる。また江戸時代大名屋敷の多かったところから,木に関係した苗字 (上杉高木青木片桐,一柳,朽木〈くつき〉) の六大名の屋敷があったことによるともいわれる。テレビ局企業のビルが林立するビジネス街。また飲食店などが多い歓楽街でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

六本木【ろっぽんぎ】

東京都区中部の町名。狭義には青山通りと外苑裏通りの交差点周辺をいう。一帯はかつて外国公館などのある高級住宅地であったが,戦後,レストランナイトクラブ,各種専門店が集中,繁華街となった。
→関連項目麻布森稔

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろっぽんぎ【六本木】

東京都港区の地名。地名の起りは不明であるが,江戸時代に,上杉,朽木,高木,青木,片桐,一柳という木にちなんだ名の6大名の中屋敷があったためなどの説がある。寛永年間(1624‐44)から町ができ,大名屋敷も次々と建てられた。明治以後,高級住宅地として,また外国公館の多いところとして知られるようになった。第2次大戦後,外国人が多く住んだため,ダンスホール,レストラン,喫茶店が集中し,建築様式も欧米風の様式を取り入れ,独特な雰囲気をもつ歓楽街となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろっぽんぎ【六本木】

東京都港区中央部の地名。外国公館が多い。第二次大戦後、繁華街として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕六本木(ろっぽんぎ)


東京都港(みなと)区中部の繁華街。第二次大戦後、高級住宅街からアメリカ駐留軍向けの歓楽街に発展。レストラン・ナイトクラブなどの飲食店を中心に各種商店・オフィスビルが並ぶ。6丁目の六本木ヒルズにはテレビ朝日や六本木ヒルズ森タワーなど超高層ビル群が建ち並ぶ。4丁目に俳優座がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六本木
ろっぽんぎ

東京都港区北部の一地区。江戸時代に6大名(上杉、朽木(くつき)、高木、青木、片桐、一柳)の中屋敷があり、6大名の姓がともに木に関係していることが地名の由来という。また、6本のマツの巨木のあったことからともいわれる。山手(やまのて)台地上に位置し、近くの赤坂、麻布(あざぶ)の旧陸軍連隊跡が、第二次世界大戦後アメリカ軍の基地となったのを機に、外国人向けの歓楽地として高級衣料店やナイトクラブなどが続出して発展した。また、周辺および南方の麻布は大使館や欧米人の住宅が多く、現在も国際的ムードの商店街、飲食街で深夜までにぎわう。高層ビルが集合するアークヒルズが赤坂とまたがる地域にあるほか、俳優座劇場、東洋英和女学院などがある。六本木6丁目は再開発事業が進められ、2003年にはオフィス、住宅、店舗の入ったビルが並ぶ六本木ヒルズが完成した。東京メトロ日比谷(ひびや)線・南北線、都営地下鉄大江戸線、首都高速道路都心環状線・3号渋谷線が通る。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六本木の関連キーワード六本木聖者伝説/魔都委員会篇ザ・リッツ・カールトン東京ハーツユナイテッドグループ森アーツセンターギャラリー六本木聖者伝説/不死王篇グランドハイアット東京シネ・ヴィヴァン六本木六本木ヒルズアリーナハードロックカフェ六本木アートナイト麻布で気が知れぬアダマースの饗宴DJTAKERUサントリー美術館モーニングスター東京ミッドタウンシネマート六本木DJRENJIDJKOUTADJXIONG

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六本木の関連情報