六臓六腑(読み)ロクゾウロップ

デジタル大辞泉の解説

ろくぞう‐ろっぷ〔ロクザウロクプ〕【六臓六×腑】

東洋医学で、五臓六腑に心包を加えたもの。心包は心臓を包む膜で、心臓を保護し動かす働きをもつとされるが、実際に臓器として存在するものではない。
[補説]六臓は肝・心・脾(ひ)・肺・腎(じん)・心包、六腑は胆・小腸・胃・大腸・膀胱(ぼうこう)・三焦。腎・脾は現代医学の腎臓脾臓とは必ずしも一致しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android