コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六角定詮 ろっかく さだのり

1件 の用語解説(六角定詮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六角定詮 ろっかく-さだのり

?-? 南北朝時代の武将。
佐々木(六角)時信の3男。六角氏頼の弟。佐々木山内氏の祖。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)近江(おうみ)(滋賀県)守護となり,観応の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)方について観音寺城を攻めた。直義が殺害されたのちは足利義詮(よしあきら)にしたがった。初名は信詮(のぶのり)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone