コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六角定詮 ろっかく さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六角定詮 ろっかく-さだのり

?-? 南北朝時代の武将。
佐々木(六角)時信の3男。六角氏頼の弟。佐々木山内氏の祖。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)近江(おうみ)(滋賀県)守護となり,観応の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)方について観音寺城を攻めた。直義が殺害されたのちは足利義詮(よしあきら)にしたがった。初名は信詮(のぶのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

六角定詮の関連キーワード佐々木定詮佐々木信詮南北朝時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android