コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義詮 あしかが よしあきら

9件 の用語解説(足利義詮の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

足利義詮

室町幕府二代将軍。足利尊氏の三男。幼名は千寿王。元弘の乱で尊氏が西上した際は人質として鎌倉にあり、幕府滅亡後、細川和氏らの援助で関東を管領した。叔父直義の失脚により入京し政務を執る。そののち直義・直冬や南朝と京都の争奪戦を繰り返すが、尊氏歿後征夷大将軍に任官、執事細川清氏失脚ののちは管領斯波氏を登用し、政権を安定させ、大内弘世山名時氏を帰服させて中国を統一した。晩年は義満に家督を譲り、管領細川頼之に補佐を託した。正平22年(1367)歿、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐よしあきら【足利義詮】

[1330~1367]室町幕府第2代将軍。在職1358~1367。尊氏の子。尊氏の名代として、新田義貞の鎌倉攻めに参加。尊氏の死後、正平13=延文3年(1358)将軍となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足利義詮【あしかがよしあきら】

室町幕府2代将軍。尊氏の三男。1349年叔父直義と執事高師直との間で争いとなり,尊氏は義詮を京によび直義に代わって政務をとらせた。そのため尊氏と直義の対立が激化,尊氏と義詮は直義を討つが,その後も直義の後を継いだ直冬や南朝勢力と合戦が繰り返され,1355年直冬党を京から退けた。
→関連項目上杉憲顕高師冬後光厳天皇倭文荘杣山城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義詮 あしかが-よしあきら

1330-1367 室町幕府2代将軍。在職1359*-67。
元徳2年6月18日生まれ。足利尊氏の子。母は北条登子(とうし)。新田義貞(よしさだ)の鎌倉攻めに参加,鎌倉幕府崩壊後も鎌倉にとどまる。のち叔父足利直義(ただよし)にかわり京都で幕府の政務をとる。異母兄足利直冬(ただふゆ)軍や南朝軍と京都争奪戦をくりかえすなか,父の死により延文3=正平(しょうへい)13年将軍職をつぎ,南朝軍を撃退して政権を安定させた。貞治(じょうじ)6=正平22年12月7日死去。38歳。幼名は千寿王丸。法号は宝篋院(ほうきょういん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義詮

没年:貞治6/正平22.12.7(1367.12.28)
生年:元徳2(1330)
室町幕府第2代将軍。鎌倉に生まれる。尊氏の3男,母は北条久時の娘赤橋登子。幼名千寿王。正慶2/元弘3(1333)年の元弘の乱で尊氏が西上すると人質として母と共に鎌倉に抑留,のち下野に逃れ,新田義貞の鎌倉攻めには4歳の幼児ながら尊氏の名代として参軍,以後鎌倉で少年期を過ごした。観応1/正平5(1350)年に観応の擾乱が始まり,執政の叔父足利直義が失脚すると,講和条件に従って入京し政務を執る。翌年直義が反撃して入京すると丹波に逃れ,続いて直義が北陸に脱出すると父尊氏と共に南朝に下った(正平一統)。次いで尊氏は直義を討つため東下し,京都の守備を任されたが,翌年2月南軍は約を破って京都に侵入し,男山での激戦ののち神器と3上皇を奪って賀名生に逃げた。これに対して義詮は,後伏見の中宮西園寺寧子を治天に推して彼女の孫弥仁(後光厳)を天皇に擁立,直冬党や北陸山陰の南軍を抑えて小康状態を回復した。延文3/正平13年4月には父の死を受けて将軍に任官。観応以来しばしば南軍に京都占拠を許したがいずれも短期間に撃退,執事細川清氏失脚ののちは斯波高経を登用し,貞治2/正平18年には大内弘世,山名時氏を帰服させて中国地方を統一した。晩年は四国管領細川頼之を招き,幼少の後継足利義満の補佐を託した。状況主義者として一度ならず京都を放棄したが,神器も上皇も欠いたまま北朝の再建を果たし,南北朝動乱を北朝優勢に導いた功績は大きい。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしあきら【足利義詮】

1330‐67(元徳2‐正平22∥貞治6)
室町幕府2代将軍。尊氏の三男。1335年(建武2)尊氏,叔父直義が建武政府を攻め上京したのちも,鎌倉に残り東国を統治する。49年(正平4∥貞和5)尊氏の執事高師直と直義が対立すると,尊氏は義詮を召喚し直義の代行をさせたが,この対立は尊氏と直義の抗争に発展した。52年(正平7∥文和1)尊氏・義詮は南朝に降るが,直義を討つやこれと決別,直義の養子直冬や南朝と京都の争奪戦を繰り返した。58年(正平13∥延文3)尊氏が没し義詮が征夷大将軍となると,仁木義長や細川清氏が離反したが,62年(正平17∥貞治1)斯波義将を執事に任命,翌年山陽の大内弘世や山陰の山名時氏が帰参し安定期を迎える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしかがよしあきら【足利義詮】

1330~1367) 室町幕府二代将軍(在職1358~1367)。尊氏の子。元弘の乱で新田義貞とともに鎌倉攻めに参加。尊氏の死後、1358年将軍となり、足利政権の基礎を固めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義詮
あしかがよしあきら

[生]元徳2(1330).6.18.
[没]正平22=貞治6(1367).12.7. 京都
室町幕府2代将軍 (在職 1358~67) 。尊氏の子。母は赤橋登子。坊門殿という。元弘3=正慶2 (1333) 年尊氏西上の際,人質として鎌倉におかれた。尊氏が後醍醐天皇側に寝返ると下野 (しもつけ) に走り,次いで新田義貞の鎌倉攻めに加わり,北条氏を滅ぼして鎌倉に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義詮
あしかがよしあきら
(1330―1367)

室町幕府第2代将軍。幼名千寿王。尊氏(たかうじ)の子。1333年(元弘3・正慶2)新田義貞(にったよしさだ)の鎌倉攻略に一族を率いて参加。鎌倉幕府滅亡後義詮は鎌倉にとどまり、下向した足利直義(ただよし)とともに東国経営に携わる。建武政権崩壊後、北畠顕家(きたばたけあきいえ)によって一時鎌倉を追われたが回復し、関東を足利方の拠点とすることに成功する。1349年(正平4・貞和5)尊氏、高師直(こうのもろなお)と直義との間に不和が生じたとき上洛(じょうらく)し、直義にかわって政務をとった。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)中は畿内(きない)各地を転戦し、直義方、南朝軍と京都争奪戦を展開した。1358年(正平13・延文3)尊氏が死去すると、その後を継いで征夷(せいい)大将軍となり室町幕府の基礎を固めた。1367年12月7日病没した。法号は宝篋院道惟瑞山(ほうきょういんどういずいざん)。贈左大臣従(じゅ)一位。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利義詮の言及

【近江国】より

…旧国名。江州。現在の滋賀県にあたる。
【古代】
 東山道に属する大国(《延喜式》)。〈淡海〉〈近淡海(ちかつおうみ)〉とも表記される。滋賀,栗太,甲賀,野洲,蒲生,神崎,愛智,犬上,坂田,浅井,伊香,高島の12郡からなる。《延喜式》のほか738年(天平10)の〈上階官人歴名〉(《正倉院文書》)によって当時も大国であったことが判明する。国衙跡が大津市瀬田神領町の三大寺丘陵で発掘され,国府域は方8町の四周に半町の外縁がめぐっていたと考えられている。…

【鎌倉公方】より

…室町幕府による東国支配のために鎌倉に置かれた政庁である鎌倉府の長官。関東公方(くぼう)ともいう。足利氏の東国支配は,1333年(元弘3)12月建武政権下で足利直義が〈関東十ヵ国〉(相模,武蔵,上野,下野,上総,下総,安房,常陸,伊豆,甲斐)の支配をゆだねられ後醍醐天皇の皇子成良親王を奉じて鎌倉に入ったことにはじまる(鎌倉将軍府)。足利尊氏は,36年(延元1∥建武3)11月京都に幕府を開いたが,その嫡子義詮を鎌倉にとどめ,これを〈鎌倉御所(鎌倉公方)〉とし,そのもとに関東管領を配置して東国の政治一般にあたらせた。…

※「足利義詮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利義詮の関連キーワード鎌倉公方室町殿室町幕府安養院厩奉行赤橋登子一条実雅河越重房朽木稙綱(1)曾我尚祐

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利義詮の関連情報