コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利直義 あしかが ただよし

美術人名辞典の解説

足利直義

南北朝時代の武将。尊氏の弟。初名は高国。元弘の乱において尊氏と行動をともにし、建武の新政で左馬頭・相模守となる。北条時行の乱に際して鎌倉に幽閉していた護良親王を殺害。室町幕府成立に伴い尊氏を補佐して政務を担当、守護級の足利一門や寺社本所勢力の支持を得たが、急進派の高師直と対立、尊氏とも袂を別ち、鎌倉で尊氏に討たれた。正平7年(1352)歿、47才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

足利直義【あしかがただよし】

南北朝時代の武将。貞氏の子。尊氏の弟。建武新政なるや相模守となり,鎌倉に移る。1335年北条時行の乱を機に尊氏とともに新田義貞討伐と称して建武政権にそむき,室町幕府創設に尽力。
→関連項目足利尊氏足利直冬安国寺石塔義房上杉清子上杉憲顕金崎城鎌倉将軍府斯波高経千種忠顕手越宿中先代の乱北条時行湊川の戦山内荘留守氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利直義 あしかが-ただよし

1306-1352 鎌倉-南北朝時代の武将。
徳治(とくじ)元年生まれ。足利貞氏の子。兄尊氏とともに建武(けんむ)政権樹立に貢献。建武2年中先代(なかせんだい)の乱に際し護良(もりよし)親王を殺害し,建武政権と決別する。室町幕府創設後は尊氏を補佐。のち執事高師直(こうの-もろなお)と対立し,尊氏とも不和となる(観応(かんのう)の擾乱(じょうらん))。一時和睦(わぼく)したが,尊氏とたたかって降伏,観応3=正平(しょうへい)7年2月26日鎌倉で死去。47歳。毒殺といわれる。初名は忠義,のち高国。通称は三条殿,錦小路殿。法名は恵源。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがただよし【足利直義】

1306‐52(徳治1‐正平7∥文和1)
初期室町幕府の執政者,武将。足利尊氏の弟。父貞氏,母は尊氏と同じ上杉頼重の女清子。兵部大輔,左馬頭を経て相模守,左兵衛督となり,住宅のあった京都の地名から三条殿,錦小路禅門などと呼ばれた。元弘の乱当時にはすでに壮年に達していたが,鎌倉幕府の中枢に登用された形跡はない。1333年(元弘3)尊氏とともに北条氏に反旗を掲げ六波羅を攻撃した。建武政府成立後まもない同年12月,成良親王を奉じて鎌倉に入り関東10ヵ国を管領したが,これは新政府内で冷遇されていた足利氏にとって有力な地域的拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あしかがただよし【足利直義】

1306~1352) 南北朝時代の武将。尊氏たかうじの弟。尊氏の幕府創設に協力し、実権を握ったが、尊氏の執事高師直こうのもろなおと対立、尊氏とも不和になり毒殺された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利直義
あしかがただよし

[生]徳治1(1306)
[没]正平7=観応3(1352).2.26. 鎌倉
南北朝時代初期の武将。足利貞氏の子で足利尊氏の弟。母は上杉清子。南北朝時代には,錦小路殿,高倉殿などと呼ばれた。嘉暦1 (1326) 年兵部大輔となる。元弘の乱には,いったん鎌倉幕府の命令に従って西上したが,元弘3=正慶2 (1333) 年兄尊氏とともに後醍醐天皇に帰順して六波羅探題を滅ぼし,建武政府の成立に貢献した。元弘3=正慶2 (1333) 年左馬頭,次いで相模守を兼任,その年の暮れ,成良親王を奉じて鎌倉に下った。建武2 (1335) 年,北条時行の反乱軍に鎌倉を攻められた直義は,監禁中の護良親王を殺して西走したが,京都から救援に東下した尊氏の軍と三河で合流し,鎌倉で時行を破った。こののち,朝廷の帰京命令に対し,直義は尊氏を説いてついに建武政府にそむかせた。兄弟は延元1=建武3 (1336) 年,兵を率いて入京したが,まもなく政府軍に敗れて九州へ逃れた。5月,摂津湊川の戦い楠木正成を破って再度入京,光明天皇を擁立し,室町幕府を創設した。後醍醐天皇は吉野に逃れ,南北朝の動乱が始まった。直義は延元3=暦応1 (1338) 年左兵衛督,興国5=康永3 (1344) 年従三位となる。室町幕府は当初尊氏と直義との二元政治が行なわれていたが,尊氏の執事高師直が直義と対立したのを発端に,尊氏と直義との争いとなり,正平4=貞和5 (1349) 年,直義はその地位を追われて出家し,恵源と称した。しかし正平6=観応2 (1351) 年には,尊氏,師直軍を破り,尊氏と和した。この講和は長く続かず,直義はまもなく京都を脱出し,北陸路を経て鎌倉に入った。正平7=観応3 (1552) 年追討のため東下してきた尊氏と再び和睦したが,ついに鎌倉大休寺で毒殺された。法号は大休寺古山恵源。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利直義
あしかがただよし
(1306―1352)

南北朝時代の武将。尊氏(たかうじ)の同母弟。三条殿、錦(にしき)小路殿と称せられた。元弘(げんこう)の変には尊氏とともに活動し、建武政府成立後左馬頭(さまのかみ)、相模守(さがみのかみ)に任じられ、1333年(元弘3・正慶2)成良親王の執事として関東10か国を管轄(かんかつ)した。1335年(建武2)の中先代(なかせんだい)の乱では護良親王を殺害し三河まで逃れたが、東下してきた尊氏と合流し北条時行(ときゆき)軍を破り鎌倉を回復、ついで西上入京したが敗退し九州に逃れた。1336年(延元1・建武3)東上し、尊氏とともに幕府を開いた。幕府創立当時尊氏は軍事面、直義は統治面を担当する二頭政治であったが、まもなく尊氏の権限は直義に委譲され、以後直義が表面にたち政治を行った。
 直義は執権政治を理想として文治政治をとり、幕府機構の整備、法秩序の確立、仏教の興隆など、保守的な旧勢力保護の政策をとった。そのため、畿内(きない)近国の旧非御家人(ごけにん)や庄官(しょうかん)などの新興勢力の反発を買い、その代表ともいえる執事高師直(こうのもろなお)と対立した。以後直義派と師直派とは、政策の決定、中央官職や各国守護職などの任免をめぐって争い、1349年(正平4・貞和5)直義による実力行使となり、ついには観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)とよばれる室町幕府初期最大の内乱にまで発展した。師直を摂津武庫川(むこがわ)で殺した直義は尊氏と和解するが、1351年(正平6・観応2)7月直義は出京し北陸を経て鎌倉に入り、勢力の回復を目ざした。しかし東下してきた尊氏のため相模早河尻(はやかわじり)で敗れ、尊氏に降伏した。翌1352年2月26日鎌倉で没した。尊氏による毒殺といわれている。[小要 博]
『佐藤進一著『日本の歴史 9』(1965・中央公論社) ▽高柳光寿著『改稿 足利尊氏』(1966・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の足利直義の言及

【悪党】より

…南朝が室町幕府に完全に圧倒されながらも,長く命脈を保ったのは,悪党・海賊的な武力を多少ともその基盤となしえたからにほかならない。一方,室町幕府でも,高師直(こうのもろなお)がこうした武士を組織したのに対し,足利直義は寺社本所の申請に応じ,守護を通じて悪党鎮圧を強行,幕府の方針は動揺をつづけた。しかし動乱の中で,悪党的な武士自身,守護の被官となり,国人一揆を形成するなど,しだいに組織化される一方,商工業者,金融業者として都市に定着するものも多く,悪党的な風潮は徐々に時代の表面から退いていく。…

【足利尊氏】より

…後醍醐天皇が帰京して建武新政が始まると,高氏は勲功第一として天皇尊治の一字を賜って尊氏と改名し,高い官位を与えられたが,政治の中枢には加えられなかった。〈尊氏ナシ〉の言葉がささやかれる中で,尊氏は中央機関の職員に家臣の高師直(こうのもろなお)らを送りこんで新政への発言権を確保しつつ,諸国の武士の糾合に努め,弟足利直義を成良親王に付けて鎌倉に下して関東10ヵ国を掌握させるなど,幕府再興への足がかりを固めていき,34年(建武1)には尊氏の動きを阻もうとする護良親王を失脚させた。 翌年北条高時の遺子時行が関東で乱を起こすと,尊氏は乱鎮圧を名目に東下して鎌倉に入り(中先代の乱),新政府への反逆の態度を明らかにした。…

【伊豆国】より

…旧国名。豆州。静岡県東部の伊豆半島および現在は東京都に属する伊豆諸島を含む地域。
【古代】
 東海道に属する下国(《延喜式》)。田方,那賀(仲とも),賀茂の3郡からなり,国府は田方郡に置かれ,三島市の三嶋大社付近にあったといわれている。《国造本紀》の伊豆国造条には,〈神功皇后の御代,物部連(むらじ)の祖,天桙(あめのぬぼこ)命8世の孫,若建命を国造に定め賜う。難波朝(孝徳)の御世,駿河国に隷(つ)く。…

【観応の擾乱】より

…南北朝時代の1349年(正平4∥貞和5)から52年(正平7∥文和1)まで続いた室町幕府の内部抗争。初期の室町幕府の政治体制は足利尊氏(たかうじ)と弟足利直義(ただよし)の二頭政治で,尊氏は封建制の根幹にかかわる恩賞授与,守護職任免などをみずから行い,直義にはしだいに所領安堵,所領に関する裁判,軍勢の動員などの権限をゆだねた。尊氏の執事高師直(こうのもろなお)は直義の権限拡大に反発し,2人の対立は42年(興国3∥康永1)ごろから表面化したが,これは直義が相論裁定の立場上,公家・寺社の権益擁護に傾きがちであったのに対し,恩賞方の実権をにぎる師直は,国人(こくじん)層の所領獲得要求にこたえるため直義の政策に反対したとみることもできる。…

【建武式目】より

…このグループは,すでに幕府を京都に置くことを前提とした条文であるとしか考えられない。また政務に堪能な者を守護に任用すべしという第7条,宗教的な権威によって無理を通そうとする寺社訴訟の抑圧,さらに倹約や遊興の禁止令など,この後に展開される足利直義の政道に合致するものがきわめて多い。これらの点から考えると,この上申書全体には直義の意見が強く反映されており,本来鎌倉説をとる直義が,自説を譲る代償として政道にその方針を示したものであり,そのためには制定法ではなく,上申書がより妥当な形式であったのではないかという説も行われている。…

【相模国(相摸国)】より

…このときの合戦で戦死したと推測される人々の骨900余が鎌倉材木座海岸から発掘されたのは有名である。後醍醐天皇の建武政権下,相模守足利直義が兄尊氏の意向により,成良親王を奉じて鎌倉に下り,関東10ヵ国を管領した(鎌倉将軍府)。35年(建武2)11月鎌倉で建武政権に反した足利尊氏は,翌年京都を占拠し幕府を開いた。…

【東国】より

…東国国家あるいは東国政権をたえず生み出しつづけてやまなかったのは,こうした西国と異質な東国の社会,生活そのものであった。
[東北の独自性]
 鎌倉幕府を滅ぼした後醍醐天皇の建武政府は〈天下一同〉の支配を目ざしたが,1334年(建武1)早くも成良親王を奉じた足利直義(ただよし)を鎌倉に遣わし,関東8ヵ国に伊豆,甲斐を加えた10ヵ国を統轄する鎌倉将軍府を認めた。これは事実上,東国政権としての鎌倉幕府を継承する機関であったが,これよりさき,後醍醐は義良親王を奉ずる北畠親房・顕家を陸奥に派遣,陸奥将軍府を設けて鎌倉を牽制させている。…

【内談方】より

…室町幕府において1344‐1349年(興国5∥康永3‐正平4∥貞和5)の間に活動した所領押領,年貢抑留,用水相論,遵行難渋,下知違背など従来引付方所管の訴訟を扱った機関。内談とは室町幕府における沙汰の原案作成のための合議(内評定)をいい,政所,侍所,問注所,引付方,禅律方,仁政方などそれぞれ内談を行っているが,単に内談,内談衆,内談の座という場合には引付方(あるいは上記期間は内談方)のそれをいう。幕府成立の当初より設置された五番編成の引付方が上記案件について処理してきたが,1344年高師直,上杉朝定,同重能をそれぞれ頭人とし,一方ごとに10人の寄人で構成される三方制の内談方が新設された。…

【中先代の乱】より

…この年6月,北条氏と親密であった公卿西園寺公宗の建武政権転覆の陰謀が発覚したが,公宗と呼応するはずであった時行は,旧北条氏御内人(みうちびと)諏訪頼重らに擁せられて信濃に挙兵し,武蔵に進んで女影原,小手指原,府中に足利軍を破った。当時成良親王を奉じ鎌倉にあって関東を治めていた足利直義は,武蔵井出の沢に時行軍を防いだが敗れ,幽閉中の護良親王を斬らせ,成良親王を擁して東海道を西走し,時行軍は鎌倉を占拠した。8月,在京の足利尊氏は征夷大将軍を後醍醐天皇に望んだが許されず,大軍を率いて京都進発後,征東将軍に任ぜられた。…

【南北朝時代】より


[時代区分]
 14世紀の半ばから末まで50余年間の南北朝内乱の時代をいう。鎌倉時代と室町時代の中間にあたるが,広義の室町時代に含まれる。通常,1336年(延元1∥建武3)足利尊氏が北朝の光明天皇を擁立し,それについで後醍醐天皇が吉野に移り南朝を開いた時期をその始期とする。また政治体制だけでなく,社会構成の変化を目安とすれば,14世紀初頭ころから徐々に南北朝時代的な状況に入っている。一方,終期は一般に,南北朝合一によって事実上南朝が北朝に吸収され,室町将軍家による全国統一が名目上完成した1392年(元中9∥明徳3)とする。…

【室町幕府】より

…同式目にもうたっているとおり,施政発足に当たって鎌倉幕府の諸制度と吏僚が継承されたほか,前幕府倒壊の一因となった畿内近国の急進的在地武士や供御人(くごにん),神人(じにん)など非農業的商人集団をも懐柔すべく,政庁を京都に定めた。幕府開創期の権力構造における最大の特色は,尊氏が侍所(さむらいどころ),恩賞方政所(まんどころ)を管轄して主従制的な支配権を掌握する一方,弟の足利直義(だだよし)が評定引付,安堵方,問注所などを管轄して統治権的支配権を掌握し,兄弟で二元的政治を行った点である。直義の背後には王朝の本所,荘園領主の利害があり,尊氏や執事高師直(こうのもろなお)のもとには荘園制と対決を余儀なくされた急進的在地領主層の期待が集中し,この両者間に権力抗争を生じて,49‐52年(正平4∥貞和5‐正平7∥文和1)に及ぶ観応の擾乱(かんのうのじようらん)という紛争を招いた。…

※「足利直義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利直義の関連情報