コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六角氏頼 ろっかく うじより

2件 の用語解説(六角氏頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六角氏頼 ろっかく-うじより

1326-1370 南北朝時代の武将。
嘉暦(かりゃく)元年生まれ。佐々木(六角)時信の子。足利尊氏にしたがい,近江(おうみ)(滋賀県)守護となる。尊氏の死後は足利義詮(よしあきら)につかえた。出家して雪江崇永と号し,夢窓疎石(むそう-そせき)に参禅し,春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)とも親交があった。康安元=正平(しょうへい)16年永源寺を建立(こんりゅう)。応安3=正平25年6月7日死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

六角氏頼

没年:応安3/建徳1.6.7(1370.6.30)
生年:嘉暦1(1326)
南北朝時代守護大名。法名崇永。近江国(滋賀県)守護佐々木(六角)時信の嫡子。近江国守護職は一時期,一族佐々木(京極)導誉の手に渡ったこともあるが,再び氏頼に補任された。観応の擾乱期(1350~52)には出家して,子の千手丸(義信)に家督を譲る。足利尊氏・義詮 に仕えて数々の合戦に功を上げ,また佐々木家嫡流であったにもかかわらず導誉の台頭を許した。仏教に深く帰依し,たとえば康安1/正平16(1361)年には,寂室元光を開山に招き永源寺(滋賀県永源寺町)を創建している。<参考文献>『近江蒲生郡志』2巻

(宇野日出生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六角氏頼の関連キーワード守護大名山名今川頼貞儀俄氏秀京極高詮京極秀綱長瀬泰貞遊佐国長吉見頼隆六角満高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone