コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観応 カンオウ

大辞林 第三版の解説

かんおう【観応】

かんのう【観応】

南北朝時代、北朝の年号(1350.2.27~1352.9.27)。貞和の後、文和の前。崇光すこう天皇の代。かんおう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんおう【観応】

⇒観応(かんのう)

かんのう【観応】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1350年から1352年まで、崇光(すこう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は貞和(じょうわ)。次元号は文和(ぶんな)。1350年(貞和6)2月27日改元。崇光天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『荘子(そうじ)』を出典とする命名。観応年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。同年間、室町幕府内部では、尊氏側近の高師直(こうのもろなお)と尊氏弟の足利直義(ただよし)の対立が決定的になり、武力衝突が発生した。これを「観応の擾乱(じょうらん)」という。◇「かんおう」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

観応の関連キーワード上杉朝定(1)山内首藤通広観応の擾乱根津小次郎兼次(2)佐波善四郎細川頼春畠山国清石塔頼房桃井直常三戸師親栗本玉屑正平一統白旗一揆上杉能憲上杉顕能伊達景宗足利尊氏崇光天皇足利直義

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観応の関連情報