観応(読み)カンオウ

大辞林 第三版の解説

かんおう【観応】

かんのう【観応】

南北朝時代、北朝の年号(1350.2.27~1352.9.27)。貞和の後、文和の前。崇光すこう天皇の代。かんおう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんおう【観応】

⇒観応(かんのう)

かんのう【観応】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1350年から1352年まで、崇光(すこう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は貞和(じょうわ)。次元号は文和(ぶんな)。1350年(貞和6)2月27日改元。崇光天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『荘子(そうじ)』を出典とする命名。観応年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。同年間、室町幕府内部では、尊氏側近の高師直(こうのもろなお)と尊氏弟の足利直義(ただよし)の対立が決定的になり、武力衝突が発生した。これを「観応の擾乱(じょうらん)」という。◇「かんおう」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観応の関連情報