六郷(読み)ろくごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六郷(東京都)
ろくごう

東京都大田区南端、多摩川左岸の地区。六郷神社の氏子の地域が六か郷に及んだことが地名の由来という。江戸と東海道川崎宿を結ぶ交通の要所で、防衛のため約200年間架橋はなく六郷の渡しで連絡されていた。1874年(明治7)初めて木橋ができたが、流失するので1925年(大正14)鉄橋となった。橋より下流を六郷川ともよぶ。JR東海道本線、京浜急行電鉄、第一京浜(国道15号)が通る。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六郷の関連情報