コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同配送センター きょうどうはいそうセンターjoint cooperative distribution centre

1件 の用語解説(共同配送センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同配送センター
きょうどうはいそうセンター
joint cooperative distribution centre

都市内貨物輸送の効率化をはかるため,一定の地域内における複数の荷主にかかわる集配貨物を,統一的輸送システム,輸送業者によって取扱うことを目的として設けられた情報・集配センター。従来個別になされていた集配輸送や受注,集金業務を一括して行うことによって,物流コストの低減,交通量の削減をはかろうとするもので,百貨店や大型スーパーなどで導入が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共同配送センターの関連情報