コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共和国宮殿(読み)きょうわこくきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

きょうわこくきゅうでん【共和国宮殿】

イタリア半島中部、ボローニャ(Bologna)の南東135km、サン・マリノの中心であるリベルタ広場にある宮殿。現在、同国政庁として使われている。サン・マリノは、標高739mのティターノ山頂にある国土面積61km2のミニ国家だが、現存する世界最古の共和国で、1253年以来、毎年2回、60人の評議委員の中から2名の執政を選ぶというスタイルの共和制が続いている。この建物は19世紀末のもので、内部は14世紀の様式を取り入れた壮観な内装に彩られている。近年、イタリアの有名な建築家ガエ・アウレンティによる修復の後、一般公開されるようになった。宮殿前では、1時間ごとに衛兵の交代の儀式が見られる。サンフランチェスコ門からは徒歩5分ほど、ロープウェイ駅から徒歩約2分の場所にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android