コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共襟 トモエリ

デジタル大辞泉の解説

とも‐えり【共襟】

和服で、長着の上にさらに共切れで襟を掛けること。また、その襟。掛け襟。
洋服で、身頃(みごろ)と同じ布地でできた襟。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ともえり【共襟】

和服で、着物の布地と同じ布を襟の上にかけること。また、その襟。かけ襟。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の共襟の言及

【襟∥衿】より

…さらにその上に補強や,汚れを防ぐためと美的効果をねらった掛襟(かけえり)が生まれた。古くは輪(りん),江戸時代には削襟(そぎえり)とも呼ばれた今日の半襟,長着の共襟である。伊達襟(だてえり)は当初,長着にかけた別布の派手な掛襟をさしたが,江戸中期ごろ,それまでふだん着用であった共襟が晴着にもかけられるようになり,明治時代以降失われた黒繻子の掛襟も伊達襟のなごりである。…

※「共襟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

共襟の関連キーワード掛け襟・掛襟・掛け衿車裁ちえり着物上襟和服

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android