共襟(読み)トモエリ

大辞林 第三版の解説

ともえり【共襟】

和服で、着物の布地と同じ布を襟の上にかけること。また、その襟。かけ襟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とも‐えり【共襟】

〘名〙 衣服の本体の布地と同じ布地でつくったえり
※神楽坂(1935)〈矢田津世子〉三「爪楊枝一本無駄にはしない。〈略〉削ってまた共衿の縫目へ差しておく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の共襟の言及

【襟∥衿】より

…さらにその上に補強や,汚れを防ぐためと美的効果をねらった掛襟(かけえり)が生まれた。古くは輪(りん),江戸時代には削襟(そぎえり)とも呼ばれた今日の半襟,長着の共襟である。伊達襟(だてえり)は当初,長着にかけた別布の派手な掛襟をさしたが,江戸中期ごろ,それまでふだん着用であった共襟が晴着にもかけられるようになり,明治時代以降失われた黒繻子の掛襟も伊達襟のなごりである。…

※「共襟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android