コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神楽坂 かぐらざか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神楽坂
かぐらざか

東京都新宿区北東部の地区。 JR飯田橋駅付近の牛込見附から西方の山手台地に上る坂の名が町名になった。明治の頃からの古い繁華街で,坂上の毘沙門天の門前町として発達した。付近には筑土八幡などの社寺が多く,地名の由来も祭礼のとき,御輿で神楽を奏したことによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かぐら‐ざか【神楽坂】

東京都新宿区東部の地名。もとは牛込見付から上る坂の名で、花街として知られた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神楽坂【かぐらざか】

東京都新宿区東部にある坂名,および付近の地名。東の坂下は牛込見付。武家屋敷町であったが,坂上の毘沙門(びしゃもん)堂を中心ににぎわい,明治以後商店街,三業地として発展,新宿と並び山の手の二大盛り場となった。
→関連項目牛込

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぐらざか【神楽坂】

東京都新宿区神楽坂1~3丁目の坂およびその周辺の地名。市ヶ谷八幡や高田穴八幡の旅所(祭礼のときの分祭所)がここに設けられ,神楽を奏したことに由来するといわれるが定かではない。江戸時代から山手七福神の一つ毘沙門天(善国寺)の門前町として栄え,商店,待合,遊郭が並んでいた。神楽坂は明治から昭和初期まで山手随一の盛り場となり,尾崎紅葉山田美妙広津柳浪硯友社の面々がよく花柳界に姿を見せたこともあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かぐらざか【神楽坂】

東京都新宿区東部の地名。第二次大戦前までは花街かがいとして知られた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔坂・地域名〕神楽坂(かぐらざか)


東京都新宿区北東部、早稲田通り大久保通り交差点から外堀通り交差点まで伸びる坂、および付近の商店街の名。
戦前には花街があり、現在も繁華街としてにぎわっている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神楽坂
かぐらざか

東京都新宿区北東部の一地区。江戸城外堀を守る牛込見附(うしごめみつけ)から山手(やまのて)台地へ上る坂の名が地名となった。東京メトロ東西線神楽坂、同有楽町線、南北線飯田橋、都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂、JR中央線飯田橋の各駅に近い。江戸時代は武家屋敷と寺社地であったが、明治の中ごろから商店街ができた。関東大震災(1923)後から花街として繁華を誇るようになり、昭和初期には早稲田(わせだ)派の文学者、演劇人たちによって広く紹介され、新宿をしのぐといわれた。毘沙門天(びしゃもんてん)の縁日にはとくににぎわったが、第二次世界大戦で戦災にあい、いまは商店街に変わり、料亭のたたずまいや飲食店の多いことが当時をしのばせる。東京理科大学がある。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神楽坂の言及

【牛込】より

…谷の多い武蔵野(山手)台地からなる。古くより牛込の地域名が早稲田から戸山原方面にかけてあったが,1878年の東京市15区制により,神楽坂市谷地区などを含む牛込区が設置された。1947年,四谷,淀橋両区と合体し,現在の新宿区の一部となったが,のち住居表示の変更によって行政名からは姿を消し,今では,この旧牛込区の範囲を指すことが多い。…

※「神楽坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神楽坂の関連情報