其式(読み)それしき

精選版 日本国語大辞典の解説

それ‐しき【其式】

〘名〙
① (「しき」はやり方、方法の意) そのやり方。その方法。その様式。
※御伽草子・物くさ太郎(室町末)「さいじょからたちばな、紫の門とこそ仰せられしが、それしきの門は、いづくに候らん」
② (「しき」は接尾語) 事柄の性質、内容、程度が問題とするに足りないほどであること。その程度。それぐらい。たかがそれほど。それしこ。それてい。
※咄本・福来すずめ(1789)息子「それしきな事に死ぬ事があるものか」
[補注]②の類義語に「それてい」があるが、時代的には「それしき」がやや遅れて見られる。なお、近世には、連体修飾をする際、「それしきの」のほかに「それしきな」の形も一般に用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android