内帯(読み)ないたい

大辞林 第三版の解説

ないたい【内帯】

西南日本の、中央構造線より北側の部分。花崗岩類の分布が著しく、高原状で断層地塊が発達する。 ⇔ 外帯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ない‐たい【内帯】

〘名〙
① 湾曲した山脈の、へこんだ側。大きな山脈は普通湾曲しているが、その内側・裏面をいう。
② 地質学上、西南日本中央構造線で二分する時の日本海側をいう。⇔外帯

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内帯の言及

【日本列島】より

… 中央日本では,標高3000m内外の脊梁山地が列島を横断して南北方向に長くのびるが,その東縁に接するフォッサマグナを境に,北東側は向きを転じおもに新第三系から成る越後山脈や魚沼丘陵,頸城(くびき)丘陵などが列島と平行して北東~南西方向にのびる。一方,中央日本の諏訪湖付近に発する中央構造線は西南日本を外帯と内帯に分ける。南側の外帯は,赤石山脈から紀伊山地,四国山地,九州山地と続いて,中・古生層の岩石が帯状に配列する地質構造を示し,大起伏山地となる。…

※「内帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内帯の関連情報