コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内蔵メモリー ないそうめもりい,ないぞうめもりー

1件 の用語解説(内蔵メモリーの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

内蔵メモリー

 初期のデジタルカメラは、撮影した画像を本体内部のメモリーに蓄え、それをパソコンに転送して保存・閲覧していた。その後、コンパクトフラッシュなど脱着式の メモリーカード の登場で内蔵メモリーの必要性はなくなったかに見えたが、再びカメラ本体にメモリーを内蔵させている機種が増えている。  その理由は、メモリーカードを忘れたり、カード容量を使い切ってしまった場合でも、最低限の枚数は撮影・保存できるメリットがあるから。その容量は16MBから30MBが一般的。カメラの高画素化にともない、また写真アルバムをカメラで持ち歩くという発想から、平成19(2007)年にはソニーから4GBというメモリー容量を内蔵するカメラ、サイバーショットT2も出た。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

内蔵メモリーの関連キーワードデジカメデジタルカメラデジタルズームデジタルビデオカメラピクトブリッジコンパクトデジタルカメラスチールカメラデジタル写真ビデオ出力モニタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内蔵メモリーの関連情報