コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内製化 ナイセイカ

デジタル大辞泉の解説

ないせい‐か〔‐クワ〕【内製化】

[名](スル)外部に委託・発注して製造・制作していたものを、自社で行うようにすること。インソーシング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

内製化

企業が外部の専門家に委託していた業務を、自社内で行うことを「内製化」と呼びます。収益環境の悪化に伴ない、コスト部門の予算削減が進むなか、2009年前後からとくに教育研修をはじめとする人材育成を、外注に頼らずに、社内で内製化する動きが目立ってきています。
(2011/5/30掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ないせいか【内製化】

下請けなど外部に生産委託していたものをとりやめ、自らの会社内部で生産すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内製化の関連キーワード内製 CVT金属ベルトエクストロニックCVTエクストロイドCVTアウトソーシング建設機械工業内製率ボルボ生産自ら

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android