人材育成(読み)じんざいいくせい(英語表記)man power development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「人材育成」の解説

人材育成
じんざいいくせい
man power development

長期的視野に立って現実に企業に貢献できる人材を育成すること。単に教育訓練といった狭義の活動ではなく,主体性,自立性をもった人間としての一般的能力向上をはかることに重点おき,企業の業績向上と従業員の個人的能力の発揮との統合を目指す。人材育成の意識は,日本企業の特徴の一つであり,1980年代以降外国企業から大いに着目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「人材育成」の解説

じんざい‐いくせい【人材育成】

将来のために、有用な人物、専門的な知識を持った人物を育てること。人づくり。「地域の人材育成を支援する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android