コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人材育成 じんざいいくせいman power development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人材育成
じんざいいくせい
man power development

長期的視野に立って現実に企業に貢献できる人材を育成すること。単に教育,訓練といった狭義の活動ではなく,主体性,自立性をもった人間としての一般的能力の向上をはかることに重点をおき,企業の業績向上と従業員の個人的能力の発揮との統合を目指す。人材育成の意識は,日本企業の特徴の一つであり,1980年代以降外国企業から大いに着目された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんざい‐いくせい【人材育成】

将来のために、有用な人物、専門的な知識を持った人物を育てること。人づくり。「地域の人材育成を支援する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材育成の関連キーワードものづくりの技術継承・人材育成策動向(2007)ウィルソン・ラーニングワールドワイド米連邦緊急事態管理庁(FEMA)日本能率協会マネジメントセンタージェーティーろくじゅうエスエー日本ネイリスト協会(JNA)ポジティブ・フィードバック政府の途上国援助(ODA)ジョブ・ローテーションビジネスブレークスルー障害者職業総合センター技術移転支援センター大学の英語による授業省エネルギーセンター国際廃炉研究開発機構ジョブローテーションデュアル・システムジュニアボード制度事業創造大学院大学日本再生重点化措置

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人材育成の関連情報