コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内豎省 ないじゅしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ないじゅしょう【内豎省】

奈良時代に設置された令外の官制内豎は〈さいさわらは〉と訓じ,宮中にあって,天皇の命をうけ雑務雑使を務めた内豎所(豎子所)が発展した省で,767年(神護景雲1)7月に設置され,772年(宝亀3)2月廃止された。職員は卿,大・少輔各1名,大・少丞各2名,大録1名,少録3名で,管下の寮司は未詳であるが,内豎,舎人(とねり)が配置されていた。職掌は明らかでないが,称徳天皇勅命を伝達し,後宮の女官諸司を統轄し,内廷の警護に当たるものであったと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内豎省の関連キーワード奈良時代春興殿令外官

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android