内閣内政審議室(読み)ないかくないせいしんぎしつ

世界大百科事典 第2版の解説

ないかくないせいしんぎしつ【内閣内政審議室】

内閣官房に置かれ,内閣参事官室,内閣外政審議室,内閣安全保障室,内閣広報官室,内閣情報調査室と並ぶ機関。その所掌事務は,〈閣議に係る重要事項に関する総合調整その他行政各部の施策に関するその統一保持上必要な総合調整に関する事務〉(内閣法14条の2,内閣官房組織令3条)とされている。1957年8月に内閣審議室として設置され,その後,83年の第2次臨調答申をうけて,内閣機能強化方策の一環として,86年に内閣内政審議室,内閣外政審議室に分割・改組された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内閣内政審議室の関連情報