コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内面形式 ないめんけいしきinnere Form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内面形式
ないめんけいしき
innere Form

プロチノスおよびシャフツベリー,さらにヘルダー,ゲーテなどドイツ・ロマン派において重視された概念。また現代の文芸学においても,E.エルマチンガーや O.ワルツェルらによって取上げられている。プロチノスのいう「内面形式 endon eidos」とは,外的な感性界の形を美しいと判断するための規準として,魂の内にある形を意味する。またシャフツベリーは一定の存在が外的形として美たりうるためには,その存在の本質を示す内面形式が完全であるべきであると説く。ドイツ・ロマン派は芸術創造に関して,根源的形成原理として作家の精神の内に有機的に生成される内的形象としてこの概念をとらえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android