コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円久 えんく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円久 えんく

?-? 平安時代中期の僧。
9歳のとき比叡(ひえい)山にのぼり,西塔の聖救(しょうく)(909-998)に天台をまなぶ。のち首楞厳院(しゅりょうごんいん)にうつり,つねに法華経を読誦(どくじゅ)。読経(どきょう)上手といわれた。晩年は愛宕(あたご)山で1日6回所定の時間に懺悔(さんげ)(六時懺(ろくじさん))などをおこなう。死後49日の間,墓のなかから経をよむ声がきこえたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone