コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖救 しょうく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖救 しょうく

909-998 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)9年生まれ。天台宗。弟の暹賀(せんが)と良源にまなび,比叡(ひえい)山の西塔院にはいる。応和3年宮中で大和(奈良県)興福寺の仲算(ちゅうざん)と対論して名をあげた。正暦(しょうりゃく)5年大僧都(だいそうず)。長徳4年8月1日死去。90歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖救の関連キーワードマドハネアレム聖堂聖ゲオルギウス教会メドハネアレム聖堂ラリベラ円久延喜

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android