コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖救 しょうく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖救 しょうく

909-998 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)9年生まれ。天台宗。弟の暹賀(せんが)と良源にまなび,比叡(ひえい)山の西塔院にはいる。応和3年宮中で大和(奈良県)興福寺の仲算(ちゅうざん)と対論して名をあげた。正暦(しょうりゃく)5年大僧都(だいそうず)。長徳4年8月1日死去。90歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖救の関連キーワードマドハネアレム聖堂聖ゲオルギウス教会メドハネアレム聖堂ラリベラ円久延喜

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android