コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読誦 ドクジュ

デジタル大辞泉の解説

どく‐じゅ【読×誦】

[名](スル)《「読」は見てよむこと、「誦」はそらで唱えること》声を出して経文(きょうもん)を読むこと。読経(どきょう)。「法華経を読誦する」

どく‐しょう【読×誦】

[名](スル)
声に出してよむこと。「漢詩を読誦する」
どくじゅ(読誦)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくじゅ【読誦】

( 名 ) スル
〘仏〙 〔「読」は経文を見て読むこと、「誦」は覚えておいて唱えること〕 経などを声をあげて読むこと。読経。 「聖経を展ひらきて静かに-するは/緑簑談 南翠」 → どくしょう

どくしょう【読誦】

( 名 ) スル
声に出してよむこと。また、そらよみすること。 「好きな詩を-する」 → どくじゅ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

読誦の関連キーワード法華懺法・法華懴法大悲心陀羅尼マフディー派尊勝陀羅尼キサーイー行空(1)馬郎婦観音例時作法法華懺法鎮護国家千日講止観業正信偈日蓮宗開経偈仏名経仁王講法華会涅槃会理趣経

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

読誦の関連情報