コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読誦 ドクジュ

デジタル大辞泉の解説

どく‐じゅ【読×誦】

[名](スル)《「読」は見てよむこと、「誦」はそらで唱えること》声を出して経文(きょうもん)を読むこと。読経(どきょう)。「法華経を読誦する」

どく‐しょう【読×誦】

[名](スル)
声に出してよむこと。「漢詩を読誦する」
どくじゅ(読誦)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくじゅ【読誦】

( 名 ) スル
〘仏〙 〔「読」は経文を見て読むこと、「誦」は覚えておいて唱えること〕 経などを声をあげて読むこと。読経。 「聖経を展ひらきて静かに-するは/緑簑談 南翠」 → どくしょう

どくしょう【読誦】

( 名 ) スル
声に出してよむこと。また、そらよみすること。 「好きな詩を-する」 → どくじゅ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

読誦の関連キーワード法華懺法・法華懴法大悲心陀羅尼マフディー派キサーイー行空(1)尊勝陀羅尼妙法(1)馬郎婦観音一枚起請文鎮護国家例時作法法華懺法理趣経一品経辻法印正信偈女人堂仏名経華厳会涅槃会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

読誦の関連情報