読誦(読み)ドクジュ

デジタル大辞泉の解説

どく‐じゅ【読×誦】

[名](スル)《「読」は見てよむこと、「誦」はそらで唱えること》声を出して経文(きょうもん)を読むこと。読経(どきょう)。「法華経を読誦する」

どく‐しょう【読×誦】

[名](スル)
声に出してよむこと。「漢詩を読誦する」
どくじゅ(読誦)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくじゅ【読誦】

( 名 ) スル
〘仏〙 〔「読」は経文を見て読むこと、「誦」は覚えておいて唱えること〕 経などを声をあげて読むこと。読経。 「聖経を展ひらきて静かに-するは/緑簑談 南翠」 → どくしょう

どくしょう【読誦】

( 名 ) スル
声に出してよむこと。また、そらよみすること。 「好きな詩を-する」 → どくじゅ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どく‐じゅ【読誦】

〘名〙 (「じゅ」は「」の呉音。「読」は目で見てよむこと、「誦」はそらで唱えること) 仏語。を出して経文をよむこと。読経(どきょう)。どくず。
※続日本紀‐神亀二年(725)閏正月壬寅「請僧六百人於宮中、読誦大般若経。為灾異也」 〔法華経‐分別功徳品〕

どく‐しょう【読誦】

〘名〙
① (古くは「とくしょう」とも) 声をあげて読むこと。また、読書すること。
※花園天皇宸記‐元亨二年(1322)九月六日「読書人必以此心稽古也、一両反読誦、或不心者、更無稽古之益者也」 〔漢書‐児寛伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android